仕事を辞めたいならさっさと辞めるべき5つの理由【果たしてその理由とは?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

仕事って辛いですよね。

やりたくないですよね。

辞めたいですよね。

そんなあなたに、このアドバイスを授けます。

「仕事なんてさっさと辞めましょう」

果たして何故そんな事が言えるのか?

今回は、その理由についてお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【仕事を辞めたいならさっさと辞めるべき5つの理由】

理由①「時間の無駄」

やりたくない仕事を続けていても、全く意味はありません。

辛いだけです。

時間の無駄です。

仮に80歳まで生きるとして、あと何十年もやりたくない事をやり続けるのですか?

その行為を、無駄と言わずに何と言うのでしょう。

人生は一度しかありません。

貴重な時間を無駄にしないよう、やりたくもない仕事など即刻やめましょう。

理由②「健康のため」

辛い仕事を我慢して続けて行くと、いつか必ず身体が壊れます。

それは肉体かもしれないし、もしくは精神かもしれません。

どちらにせよ、あなたの身体を確実に蝕んで行きます。

そこまでして、辛い仕事を続けることに何の意味があるのでしょうか?

まずは「自分を大切にする」。

その事を忘れないで下さい。



スポンサーリンク

理由③「稼ぎ方は1つじゃない」

「お金を稼ぐには会社勤めをするしか無い」

なんて思っていませんか?

世の中のほとんどの人は、この様に考えてしまっているかもしれませんね。

特に日本人に多い考え方だと思います。

何故この様に考えてしまうのか?

それは、「会社勤め以外にお金を稼ぐ方法を教えてもらっていないから」というのが大きな理由でしょう。

思い出して下さい。

「大人になったら会社に入って給料を貰う」

幼い頃から、それしか教わっていないと思いませんか?

学校でも何処でも、あたかもそれしか方法が無いかの様に。

なので、「会社を辞めたらお金が稼げない=死ぬ」といった構図に陥るのです。

つまり、幼少期から洗脳されていると言えるでしょう。

でもね、よく考えてみて下さい?

お金を稼ぐには、本当に会社勤めしか方法がありませんか?

そんな事ありません。

現代には、お金を稼ぐ方法はたくさんあります。

まずは、その事実に目を向けましょう。

そうすればきっと、やりたくない仕事にしがみ付くのが馬鹿馬鹿しくなるはずです。

理由④「具体的な稼ぎ方」

では、会社勤め以外の稼ぎ方にはどんなものがあるか?

思い付くものをパッと挙げてみると、

「せどり」

「メルカリ」

「株」

「FX」

「仮想通貨」

「不動産収入」

「ブログ」

「アフィリエイト」

「YouTuber」

などなど、思い付いただけでも色々ありました。

いずれも、会社勤めではない稼ぎ方ですよね。

この様に、現代では稼ぎ方は沢山あるのです。

もちろん簡単には稼げませんが、嫌いな仕事を一生続けるよりはマシではないでしょうか。

理由⑤「なんとかなる」

とはいえ、いざ仕事を辞めるとなると

「将来が不安…」

「周りに何て言われるか…」

なんていう思いが頭を巡るのではないでしょうか?

そんな方に言いたい事はただ一つ。

「人生なんとかなる」

これに尽きます。

どうですか?

今までの人生においても、

「これはもうダメだ…」

「人生終わった…」

という出来事はあったのではないでしょうか?

でも、そんな事があっても何とかなりましたよね?

何とかなったから、今の貴方がいるはずです。

何とかなっていなかったら、貴方はこの記事を見てはいないでしょう。

それと同じ様に、人生何とかなるんです。

仕事も例外ではありません。

どうですか?

そう考えるとだいぶ辞めやすくなるのではないでしょうか。

終わりに

以上、仕事を辞めたいならさっさと辞めるべき理由についてお送りしました。

この記事を読んでいる貴方は、きっと仕事を辞めたくて仕方がないはず。

「本当に自分の心が選びたいものを選んでいるか?」

それが大切なのではないでしょうか。

もちろん、最終的にどうするかは自分次第です。

「このまま辛い思いを我慢しながら、今の仕事にしがみ付くのか」

「将来が不安かもしれないけれど、自分が本当にやりたい事をするのか」

結局のところ、二つに一つだと思います。

どちらが幸せかは、人それぞれでしょう。

ただ一つだけ言える事は、「後悔をしない人生を送った方が良い」という事。

数年後・数十年後に自分の人生を振り返った時に後悔をしない様な選択をした方が良いと思います。

僕はそう考え、公務員を辞めました。

生活はまだまだ安定しませんが、辞めて良かったと思っています。

収入が全てではないですからね。

繰り返しになりますが、今回の記事を読んでどうするかは貴方次第です。

人生の岐路に立った今、後悔の無い道を選んで下さい。

それでは。

仕事に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク