「新宿スワン」で好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に選んだ新宿スワンで好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【「新宿スワン」で好きなキャラランキングTOP10】

1位 「馬頭 冬偉」

すすきの最大のスカウト会社「ウォッチマン」の社長。

タツヒコと拳を交えた後は、良き協力者となる。

イケメンであり喧嘩もそれなりに強く、様々なところにコネクションを持つなどかなりの勝ち組キャラと言えるだろう。

2位 「森長 千里」

パラサイツの元専務。

語尾に「ナリ」を付けて話すのが特待的。

作中でもトップクラスの喧嘩の強さを誇る。

後にタツヒコの仲間となった。

当初は何を考えているかわからず明らかに危険人物といった感じであったが、後半では常識的な一面も目立つ様になる。

特に、会社に関する業務を一通りこなせるというのが驚きであった。

3位 「日下田 光政」

一期会会長及び柚木組舎弟頭である人物。

非常に頭がキレ、策略にも長けている印象。

柚木組組長を巡る「歌舞伎町ピカレスク編」において1番の勝ち組と言えるのではないだろうか。

4位 「馬頭 夏明」

馬頭冬偉の腹違いの兄。

福建マフィアの会長である。

DSやPSPなどの携帯ゲーム機で遊んでいる事が多い。

何だかんだ言って冬偉の協力者であった。

5位 「井和丸 剛」

日本一の勢力を誇る柚木組の組長。

病気かつ老齢になった今でも、その貫禄に衰えは無かった。



スポンサーリンク

6位 「関 玄介」

バーストの元幹部であり、現在はウィザードの社長。

タツヒコの事を「タチュヒコ」と呼ぶのが特徴的。

粗暴な人物に見られがちだが、実は男気ある人物である。

7位 「白鳥 龍彦」

本作の主人公。

ばーちゃん譲りの天パが特徴的。

不器用でドジなところも多いが、真っ直ぐで情に熱い人物。

自然と味方が増えていく魅力を持つ。

8位 「吉川 哲」

ミネルバの幹部。

タツヒコに劣らない爆発頭や関西弁が特徴的である。

人懐っこい兄ちゃんといった印象。

9位 「天野 修繕」

紋舞会の会長。

辰巳死亡に関する黒幕である。

柚木組の組長の座を狙っていたが、最後は真虎に敗北した。

10位 「真虎」

タツヒコをスカウトの世界に誘った人物。

ニコニコしながら恐ろしい発言をする事が多い。

色々と謎が多い人物である。

終わりに

以上、新宿スワンで好きなキャラランキングをお送りしました。

この作品は、アウトローな連中ばかり登場しますね。

現実では関わりたくない様な人物ばかりでした。

漫画だから見ていられるといった感じですね。

それではまた。

新宿スワンに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク