【SLAM DUNK】海南大附属高校で好きなキャラランキングTOP5!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

SLAM DUNKと言えば、これまでに沢山の高校が登場しましたね。

そこで今回は、個人的に選んだ海南大附属高校で好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【「SLAM DUNK」海南大附属高校で好きなキャラランキングTOP5】

1位 「牧 伸一」

神奈川No.1のプレイヤーであり、「帝王」との異名を持つ。

その実力は、全国でも知られた存在である。

貫禄があり過ぎて、高校生には見えないのが特徴的。

当初、桜木からはOBだと思われていた。

初登場時はスーツ姿であった事もあり、まるで監督の様な雰囲気を醸し出している。

ちなみに色黒なのはサーファーだからという裏設定があるのはあまり知られていない。

2位 「神 宗一郎」

神奈川予選で得点王に輝いたシューター。

その余りに綺麗なシュートの軌道は、見るものがゾクっとする程である。

元々は特に才能が無い選手だと思われていたが、1日500本のシュート練習を続けた事によってシューターの才能を開花させた。

あまり大きく見えないが、密かに188cmもあるのが意外である。

3位 「宮益 義範」

各中学のエース級が挫折していく海南バスケ部において、初心者ながら3年間耐え抜いた男。

160kg・42kgという小柄であるが、シュートに関しては神を除けばチームNo.1と言われている。

桜木とマッチアップし、彼のメッキを剥がす活躍を見せた。



スポンサーリンク

4位 「高頭 力」

海南バスケ部の監督。

いつも扇子を持ち歩いているのが特徴的。

普段は割と温厚だが、激昂した時は扇子を折る事もある。

高校時代は「恐怖の新入生」と呼ばれる程の実力者であり、今で言う流川の様な存在であったらしい。

ちなみに田岡が仙道的存在であった。

5位 「高砂 一馬」

海南のセンターを務める選手。

実力的には、赤木・魚住に次ぐ3番手といった感じか。

外見は赤木に似ている。

その事が幸いし、湘北との試合において桜木のパスミスを誘った。

あの時、「赤木に似ていて良かった」と彼は思った事だろう。

終わりに

以上、海南大附属高校で好きなキャラランキングをお送りしました。

神奈川No.1のチームだけあって、個性的なキャラが揃っていますね。

インターハイにおいて全国2位という成績も残しました。

常に湘北の一歩先を行くといった感じのチームでしたね。

あなたの好きなキャラはどんな感じでしょうか?

それではまた。

SLAM DUNKに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク