【ポジション別】「SLAM DUNK」でパワーフォワード強さランキングTOP5!【果たして1位はどの選手か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

SLAM DUNKと言えば、作中に様々な選手が登場しましたね。

そこで今回は、独断と偏見で選んだSLAM DUNKでパワーフォワード強さランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【「SLAM DUNK」でパワーフォワード強さランキングTOP5】

1位 「野辺 将広」

山王工業高校のパワーフォワード。

リバウンド力を買われて山王に入ったと言われ、あの桜木も途中までほぼリバウンドを取らせてもらえなかった。

また、ゴール下のポジション争いだけで角田を辟易させている。

最終的には桜木の反則行為でペースを乱されたが、正攻法なら作中トップクラスのリバウンダーと言えよう。

トーテムポールみたいな顔をしているのが特徴的。

2位 「桜木 花道」

湘北高等学校のパワーフォワード。

本作の主人公である。

天性の運動能力や常識外れの感性の持ち主であり、バスケを始めてわずか4ヶ月の間に恐るべき成長を遂げた。

リバウンド力など、一部の能力においては全国クラスの力を持つ。

安西からは谷沢以上の逸材と評されていた。

3位 「岸本 実理」

豊玉高校のパワーフォワード。

大阪得点ランキングで2位という実力者である。

突っ込んで来た宮城のプレイをフェイクだと見抜き、彼のパスを冷静にカットするなどの活躍を見せた。

コート外での素行は良くない。

桜木からはチョンマゲと呼ばれていた。



スポンサーリンク

4位 「福田 吉兆」

陵南高校のパワーフォワード。

練習試合中に田岡の顔を突いた為に謹慎処分の身であった為に、インターハイ予選から登場した人物。

変な髪型と変な顔が特徴的だが、バスケの実力は高い。

ディフェンス能力は低めだが、オフェンス能力に関してはチームを勢い付けるものがある。

その容姿といい名前といい、色んな意味でインパクトのあるキャラであった。

5位 「内藤 鉄也」

三浦台高校のパワーフォワード。

アニメにおいて登場した選手である。

元ラグビー部員であり、100m11秒フラットという俊足の持ち主。

パワーにおいても桜木を圧倒した。

しかし、最終的には桜木から頭にダンクを喰らうという形で敗れている。

終わりに

以上、SLAM DUNKでパワーフォワード強さランキングをお送りしました。

パワーフォワードは他のポジションに比べるとそこまで有能な選手が居なかった気がします。

あまりにも居ないので、5位にアニメオリジナル選手を持って来たぐらいですし。

もう2、3人実力者がいても良かったかなと思いました。

それではまた。

SLAM DUNKに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク