【SLAM DUNK】山王工業高校で好きなキャラランキングTOP5!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

山王工業高校と言えば、SLAM DUNKにおけるラスボス的存在ですよね。

その圧倒的な強さは、読者に衝撃を与えました。

そこで今回は、個人的に選んだ山王工業高校で好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【山王工業高校で好きなキャラランキングTOP5】

1位 「沢北 栄治」

高校バスケ界の絶対王者と言われる山王工業高校においてエースを務めており、「高校No.1プレイヤー」として君臨している。

普段は精神的にムラがあるが、集中した時の彼には隙が見当たらない。

他校の選手からも、「沢北の運動能力は、今の高校界でずば抜けている」と評されていた。

更にはイケメンであるというのだから羨ましい限りである。

2位 「河田 雅史」

山王のセンター。

高校No.1のセンターであり、あの赤木をも子供扱いした。

その実力は、高3の時点で大学に入ったとしてもベスト3には入ると評されている。

高1の時に25cmも身長が伸び、それにより様々なポジションを経験した。

その経験が、彼を最強のセンターに仕上げたと言われている。

フィジカルだけでなくメンタルにおいても一流であり、観察眼にも優れていた。



スポンサーリンク

3位 「深津 一成」

山王バスケ部のキャプテン。

場を冷静にコントロールするゲームメーカーである。

彼が黒子的な役割を果たす事で、山王の強さを支えているとも言われていた。

語尾に「ピョン」を付けて話す事に凝っている。

「ピョン」の前は「ベシ」に凝っており、作中でも一度だけ間違えて使っていた。

4位 「河田 美紀男」

河田雅史の弟。

身長210cmという、日本で最も大きい高校生である。

バスケの技術は高くなく、その大柄な体格を活かした強引なポジション取りからのシュートしか出来ない。

最初はその戦法も有効であったが、桜木に見抜かれてからは通用しなくなった。

バスケよりも、別の競技をした方が良い様な気もするが…。

顔は母親似なのが特徴的。

5位 「松本 稔」

個性豊かな山王メンバーの中では目立たない存在だが、その実力は高い。

「沢北がいなければ何処でもエースを張れる男」と呼ばれる程であった。

サラッと言われているが、冷静に考えるとこれは相当凄い事だろう。

海南や愛和学院でもエースを張れるという事なのだから。

そう考えると、少なくとも牧や諸星並の実力はあると思われる。

彼からすれば、「沢北さえいなければ…」と思う事も多いだろう。

終わりに

以上、山王工業高校で好きなキャラランキングをお送りしました。

高校バスケ界の絶対王者だけあって、そのインパクトは凄かったですね。

全員が坊主頭にも関わらず、しっかりとキャラが立っていたのは凄いと思います。

まさにラスボスとして相応しい存在でしたね。

それではまた。

SLAM DUNKに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク