【ポジション別】「SLAM DUNK」でスモールフォワード強さランキングTOP5!【果たして1位はどの選手か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

SLAM DUNKと言えば、作中に沢山のキャラが登場しましたね。

そこで今回は、独断と偏見で選んだSLAM DUNKでスモールフォワード強さランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【「SLAM DUNK」でスモールフォワード強さランキングTOP5】

1位 「沢北 栄治」

山王工業高校におけるスモールフォワード。

今の日本の高校バスケにおいて頭抜けた運動能力を持ち、「高校No.1プレイヤー」と評されている選手。

精神的にムラがあるが、集中した時の彼のプレイは別次元である。

その圧倒的な実力は、最早日本に敵無しといった感じであった。

更には「山王バスケ部始まって以来の二枚目」と呼ばれるルックスでもある。

実力と格好良さを兼ね備えた選手と言えるだろう。

2位 「仙道 彰」

陵南高校におけるスモールフォワード。

天才と言われるオールラウンダーであり、点取りスタイルからパス中心のスタイルまで何でもこなせる印象が強い。

バスケの実力もさることながら、「仙道がいれば大丈夫」という安心感を味方に与える事が出来るのが、彼の最大の能力と言えるのではないだろうか。

逆に敵からすれば、何をしてくるか分からないという恐怖感を覚える。

彼程頼りになる存在もなかなか居ないだろう。

ただし、コート外では時間にルーズで練習もサボりがちである。

3位 「流川 楓」

湘北高校におけるスモールフォワード。

桜木の最大のライバルであり、本作におけるもう1人の主人公的存在。

類稀なバスケセンスを誇り、オフェンスの鬼としてこれまでに湘北の攻撃の要として活躍して来た。

スタミナが少ないのが弱点か。

また、パスをほとんどしないところが仙道に及ばない一因にもなっている。

インターハイ後は全日本のメンバーに選ばれていた。



スポンサーリンク

4位 「神 宗一郎」

海南大附属高校におけるスモールフォワード。

身体能力は高くないがシュート力に非常に秀でており、インターハイ予選において得点王となっていた。

この高いシュート力は、1日500本のシュート練習を毎日欠かさず行った事の賜物である。

そのあまりにも綺麗すぎるシュートは、彩子が鳥肌を立てる程であった。

5位 「南 烈」

豊玉高校におけるスモールフォワード。

インターハイ大阪予選で得点王に輝いた選手。

前年に藤真を怪我させた事から「エースキラー」との異名を持つ。

変な前髪が特徴的。

桜木からは「カリメロ」と呼ばれていた。

終わりに

以上、SLAM DUNKでスモールフォワード強さランキングをお送りしました。

このポジションはそうそうたるメンバーばかりですね。

スラムダンクにおけるスター選手が揃っているポジションと言えるでしょう。

各キャラのその後が気になるところですね。

それではまた。

SLAM  DUNKに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク