【SLAM DUNK】湘北高等学校で好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

SLAM DUNKと言えば、作中に沢山の高校が登場しましたね。

そこで今回は、個人的に選んだ湘北高等学校で好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク


【「SLAM DUNK」湘北高等学校で好きなキャラランキングTOP10】

1位 「三井 寿」

中学MVPを獲得した事もある名シューター。

彼の3Pシュートは、これまでに湘北を何度も救って来た。

かなりの実力者だが、2年間グレていた為に体力が低いのが欠点。

それでも、タバコは吸わない様に気をつけていたらしい。

バスケが上手いだけでなくイケメンでもある。

最終巻辺りの彼のビジュアルはかなり格好良いと思う。

2位 「流川 楓」

「オフェンスの鬼」と呼ばれる、湘北における攻撃の要。

もう1人の主人公的存在である。

普段は眠そうだが、バスケをやっている時だけは格好良い。

その為、彼の親衛隊が出来る程の人気であった。

ただ、彼自身は全く興味が無い感じである。

3位 「桜木 花道」

本作の主人公。

赤い髪が特徴的な人物である。

当初はただの素人であったが、驚異的な運動神経を誇りメキメキと上達していった。

リバウンドなどにおいては、全国トップクラスにまでなる。

彼の急成長は、湘北がインターハイ出場を果たす事が出来た大きな要因と言えるだろう。

4位 「水戸 洋平」

桜木軍団のボス的存在。

冷静で風格があり、宮城が一目でボスだと分かる程である。

ケンカが強いのに加え、顔もなかなかイケメンなのが魅力的な人物と言えるだろう。

5位 「赤木 剛憲」

湘北バスケ部のキャプテン。

2m近いガタイとゴリラの様な顔が特徴的な人物。

「神奈川No. 1センター」と呼ばれる程の実力者である。

こう見えても学校の成績は良い。



スポンサーリンク


6位 「宮城リョータ」

168cmという低身長だが、その低さを活かしたスピードが彼の持ち味。

藤真・牧・深津などのそうそうたる相手とマッチアップする事が多い。

入部早々に「神奈川No.1ガードと呼ばせてみせる」と言っていたが、その域には達することはなかった。

7位 「木暮 公延」

湘北バスケ部の副キャプテン。

地味で華が無いが、湘北における大事なシックスマンである。

インターハイ出場をかけた陵南との試合において、勝敗を決定づける3Pシュートを決めた。

メガネを外すと男前である。

8位 「安西 光義」

湘北バスケ部の監督。

昔は「ホワイトヘアードデビル(白髪鬼)」と呼ばれる程厳しい人物であったが、今では「ホワイトヘアードブッダ(白髪仏)」と呼ばれるぐらい穏やかになっている。

彼が三井に対してかけたセリフ「諦めたらそこで試合終了だよ」は、この漫画を代表する名言と言えるだろう。

9位 「高宮 望」

桜木軍団の1人。

パンチパーマにサングラスをかけており、闇金の取立ての様な見た目が特徴的。

試合中にコーラ一気飲みを失敗し、周りをざわつかせていた。

10位 「安田 靖春」

湘北バスケ部の控え選手。

地味な風貌だが、意外に度胸がある人物である。

豊玉戦では試合のペースを湘北に引き寄せる活躍を見せた。

終わりに

以上、湘北高等学校で好きなキャラランキングをお送りしました。

物語の中心となる高校だけあって、個性的なキャラが多いですね。

あなたの好きなキャラはどんな感じでしょうか?

それではまた。

SLAM DUNKに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク