【おすすめ】バトル漫画で好きな作品ランキングTOP10!【果たして1位はどの漫画か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

バトル漫画と言えば、これまでに沢山の作品が登場しましたね。

そこで今回は、個人的に選んだバトル漫画で好きな作品ランキングをお送りしたいと思います。

なお、今回は能力モノを対象としています。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【バトル漫画で好きな作品ランキングTOP10】

1位 「ドラゴンボール」

言わずと知れた超人気作品。

日本だけでなく、世界中で圧倒的な支持を集めるバトル漫画である。

この漫画を知らない人はいないだろう。

連載終了から20年以上が経った今でも新作アニメや映画が制作されている程の人気を誇る。

その人気の高さや知名度、影響度などから言って歴代No.1の漫画と言えるだろう。

2位 「ONE PIECE」

日本歴代1位の累計発行部数を誇る漫画。

子供から大人まであらゆる世代に人気である。

劇場版の作品においては、興行収入が50億円以上になる事も多い。

バトル要素だけでなく感動するシーンも多数あり、とても内容の濃い漫画となっている。

クライマックスに向けて、これからどの様な展開になるのか目が離せない。

3位 「幽☆遊☆白書」

90年代中盤から後半にかけて絶大な人気を誇った漫画。

単行本は19巻で完結したにも関わらず、累計発行部数は5000万部を超えている。

当初は大した人気ではなかったが、途中でバトル路線に変わってから大ブレイクした。

非常に個性的なキャラが多く、特に敵キャラにおいてはそれまでの漫画にある様な勧善懲悪ではなく、各々の信念を持っているところが深い。

「天才:冨樫」の名を世に知らしめた作品と言えるだろう。

4位 「HUNTER×HUNTER」

ハンターと呼ばれる人間達が活躍する物語。

HUNTER×HUNTERと言えば「休載」と言えるくらい、とにかく休載をする漫画である。

今では誌面に載っている事の方が珍しく、連載が再開される度にYahoo!ニュースになる程である。

そんな漫画であるが、その人気は非常に高い。

それは何故かと言うと…

「とにかく面白い」

からである。

他の漫画に比べて桁違いに面白く、とにかく続きが気になって仕方がない。

何度休載しても、待ち続けようと思わせる面白さがこの漫画にはある。

このペースだと完結まであと何年かかるかわからないが、最後まで必ず読み続けたい漫画である。

5位 「NARUTO-ナルト-」

主人公ナルトを中心に描かれた忍者漫画。

初めは「変な名前のキャラばかりだな」ぐらいにしか思っていなかったが、読んでみるとまぁ面白いこと。

特に第二部以降は加速度的に面白さが増していった。

世界的にヒットしているのも頷ける面白さである。

なんとなく忍者モノは話が薄そうと思って敬遠していたが、読んでみて大満足の作品であった。



スポンサーリンク

6位 「ジョジョの奇妙な冒険」

累計100巻以上が発行されている長編漫画。

物語ごとに「部」として分かれているのが特徴的。

絵の気持ち悪さから子供の頃は読まなかったが、大人になって読んでみるとこれが物凄く面白い。

無意味な偏見は一瞬で無くなってしまった。

単純に戦闘力が強い者が勝つという単純なものではなく、駆け引きや心理戦に重きを置いたそのバトル描写は他の漫画とは一線を画すものと言えるだろう。

「DIO」や「吉良吉影」など、敵にも関わらずとても魅力的なキャラが多いのも特徴的な漫画である。

7位 「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」

ゲーム「ドラゴンクエスト」を題材にした漫画。

ゲームが題材というとゲーム内の物語をただなぞっただけの漫画が多いが、この漫画は違った。

呪文やアイテムなどの要素は踏襲している事もあるが、ストーリーなど漫画の根幹をなす部分は独自の世界観を築いている。

「今のはメラゾーマではない…メラだ…」

「大魔王からは逃げられない」

などの名言を残した。

8位 「鋼の錬金術師」

スクウェアエニックス出版の漫画で最も売れた作品。

その発行部数は、実に5000万部以上にも達する。

実際に読んでみると、そこまで売れた理由がよく分かる程面白い。

主人公側もそうだが、特にホムンクルス側に良キャラが多くて引き込まれた。

これだけの作品を、女性漫画家が描いたというのもまた驚きである。

9位 「ARMS」

ARMSという武器を移植された主人公達の物語。

不思議の国のアリスがモチーフとなっているのが特徴的。

しかし内容自体はそんな可愛いものではなく、壮絶な運命と戦うシリアスなストーリーとなっている。

重めの内容が好きな人にオススメの漫画と言えよう。

10位 「GetBackers-奪還屋-」

美堂蛮・天野銀次の2人が様々なものを奪還する物語。

最初はそうでもなかったが、物語が進むに連れてどんどん壮大なスケールとなっていく。

最終的には、主人公達が居る世界は仮想世界であるというマトリックスの様なオチとなる。

厨二が好きそうなキャラや世界観が特徴的な漫画と言えるだろう。

終わりに

以上、バトル漫画で好きな作品ランキングをお送りしました。

いずれも有名な作品ばかりですね。

どれも非常に面白い漫画となっています。

バトル漫画好きなら絶対に読んでおきたい顔触れと言えるでしょう。

それではまた。

漫画に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク