好きな女性音楽アーティストランキングTOP5!【果たして1位はどのアーティストか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

女性音楽アーティストと言えば、世の中に沢山存在しますよね。

そこで今回は、個人的に選んだ好きな女性音楽アーティストランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【好きな女性音楽アーティストランキングTOP5】

1位 「安室奈美恵」

言わずと知れた歌姫。

90年代後半に絶大な人気を誇り、彼女の格好を模倣した「アムラー」なる若者が街に溢れかえった。

年齢を重ねても根強い人気を誇り、10代・20代・30代・40代という各4つの年代において、アルバムがミリオンセールスを突破するという前代未聞の記録を作っている。

他にも、シングル「CAN YOU CELEBRATE?」は約229万枚を売り上げており、女性ソロアーティスト歴代1位を誇る。

「ルックス」

「歌唱力」

「ダンス」

どれを取っても一級品であり、人々を魅了し続けた。

2018年に惜しくも引退してしまったが、彼女はこれからも伝説として語り継がれる事だろう。

2位 「浜崎あゆみ」

2000年代前半にブレイクし、女子高生のカリスマとして君臨した歌姫。

ヒット曲を連発し、ベストアルバムが400万枚以上の売上を記録するなど一時代を築いた。

ファッションにおいても、常に流行を作ってきたと言えるだろう。

近年は、インスタグラムで近況をファンに報告する事が多い。

3位 「globe」

KEIKO・小室哲哉・マークパンサーの3人からなるユニット。

90年代中盤から後半にかけて絶大な人気を誇った。

デビューアルバム「globe」は、なんと400万枚以上を売り上げている。

KEIKOの高音ボイスがとても魅力的なユニットであった。

globeの曲は、年月が経った今聴いても心に響くものが多い。



スポンサーリンク

4位 「宇多田ヒカル」

90年代後半に彗星の如く現れた歌姫。

デビューシングルは、いきなり200万枚以上の売上を記録した。

更にはデビューアルバム「First Love」は750万枚以上を売り上げ、アルバムセールス日本歴代1位となっている。

この記録は未だに破られていない。

2ndアルバム・3rdアルバムもそれぞれ400万枚・300万枚以上を売り上げるなど、圧倒的なセールスを誇った。

本場アメリカ仕込みの音楽感を持ち、日本の音楽シーンに旋風を巻き起こしたアーティストと言えるだろう。

5位 「欅坂46」

2015年に誕生した女性アイドルグループ。

アイドルグループと言うとあまり中身の無い曲が多いが、このグループの曲は違った。

芯のある曲が多く、アイドルというより女性アーティストとして聴くことが出来る。

ダンスにおいても他のアイドルグループとは一線を画しているのが特徴的。

女性アイドルグループにも関わらず、「格好良い」と思わせる世界観が魅力的な存在と言えよう。

終わりに

以上、好きな女性音楽アーティストランキングをお送りしました。

いずれも日本を代表するアーティストばかりですね。

あなたの好きなアーティストはどんな感じでしょうか?

それではまた。

音楽に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク