「軍鶏」で好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に選んだ軍鶏で好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【「軍鶏」で好きなキャラランキングTOP10】

1位 「斉天大聖」

中国編のボス。

隻腕でありながら、圧倒的な身体能力を誇る。

その強さはもはやファンタジーの域に達していると言えよう。

リョウからは「強さだけならスガワラと同じ」と言われていたが、どう考えても菅原より桁違いに強い。

最後は主人公補正の効いたリョウに敗れたが、軍鶏の世界では間違い無く最強キャラだろう。

2位 「四號」

グランドクロス編に登場した番竜会黒道着衆の1人。

非常に大柄であり、その体格を活かして圧倒的なパワーを誇る。

柔道金メダリストである吉岡を翻弄する様子は、かなりのインパクトがあった。

見た目といいそのファイトスタイルといい、完全にオリバではあるが…。

3位 「吉岡 大吾」

平成の三四郎」と呼ばれる天才的な柔道家。

作中屈指の強キャラであるが、規格外のパワーを誇る四號には終始押されていた。

最後は四號を頭から落とさない様に配慮するという様子を見せた。

強さと人格を兼ね備えた人物と言えよう。

4位 「弐號」

グランドクロス編に登場した番竜会黒道着衆の1人。

一見すると冴えない中年だが、神技と言われる程に武器に精通している。

上杉と対戦し終始圧倒されていたが、髪の毛程の毒針を打ち込んで無効試合へと持ち込んでいた。

5位 「イリューヒン・ヴァレリ」

サンボ世界選手権3連覇という実績がある格闘家。

グランドクロスの試合では猛獣の様な攻撃を見せるが、三號から胸にカウンターを喰らって一時心肺停止に追い込まれた。

肩書きの割に、ほとんど良いところが無いキャラである。



スポンサーリンク

6位 「上杉 静」

伝説の合気道の使い手。

大人しそうに見えるが、内心は自分の強さを試したくて仕方ないという気性の持ち主である。

グランドクロスの試合では神技を見せたが、二號の針によって行動不能にされて敗れた。

7位 「一號」

番竜会黒道着衆の一人。

痛みを感じない無痛症の持ち主である。

グランドクロスの試合では先陣を切り、腕を折られながらも相手を倒した。

しかし、試合結果としてはTKO負けである。

8位 「ファビオ・マルコス・サンシロオ」

ブラジリアン柔術の使い手である少年。

素行が悪く、「最凶のおじいちゃん子」との異名を持つ。

試合では一號に顔面を踏みつけられて戦闘不能となった。

ただし、試合自体には勝利している。

9位 「天源寺ゴサク」

リョウにグラウンドの技術を教えた元総合格闘家。

300万の報酬を全てソープに使うといった性異常者である。

いや、男としてはむしろマトモなのかもしれない。

10位 「久能 真」

8年間も引きこもっていたという総合格闘家。

通称「ポリバケツ」。

せめてトイレの時くらいは部屋から出ろよと思う。

終わりに

以上、軍鶏で好きなキャラランキングをお送りしました。

見てわかる様に、グランドクロス編のキャラが好きですね。

黒道着衆を得体の知れない雰囲気が良かったです。

そのままグランドクロス編で終わっていれば良かったのに…。

それではまた。

軍鶏に関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク