「軍鶏」キャラ強さランキングTOP10!【最強は果たして誰だ?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、独断と偏見で選んだ軍鶏キャラ強さランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【「軍鶏」キャラ強さランキングTOP10】

1位 「斉天大聖」

中国編におけるボス。

驚異的な身体能力や技術を持ち、割と現実的な軍鶏の世界においては異質な存在であった。

最後は成嶋亮に倒されるが、あの倒され方は強引だと思う。

あれだけの強さを誇った斉天大聖が、たった一発の発勁でやられるって…。

倒されたというより、自ら崖に身を投げたと言った方が正しいかもしれない。

2位 「成嶋 亮」(中国編)

この漫画の主人公。

とにかくアンダーグラウンドな人間である。

このキャラは強さの振れ幅が大きく、中国編においては人間離れした強さを誇るが、その後のグランドクロス編開始時では何故か急に一般人レベルにまで弱体化していた。

最後はどぶ組という、全く魅力の無いキャラとの戦い後に命を落とす。

どうせ死ぬなら、菅原辺りにやられれば良かったのに…。

3位 「菅原 直人」

番竜会所属の空手家であり、格闘技大会「リーサルファイト」における最強の日本人である。

亮とは2回戦っており、実践で行われた2戦目において後頭部を殴られて寝たきり状態となった。

その後は目を覚まし、リハビリに励む。

キャラがあまり定まっていなかったのか、初登場時は別人の様な外見である。

4位 「四號」

番竜会黒道着衆の1人。

非常に大柄な体格であり、規格外のパワーを誇る。

その容姿やファイトスタイルが、刃牙のオリバに似ている。

更には柔道家である吉岡と戦う様子も、オリバが柔道をやった時を連想させた。

5位 「吉岡 大吾」

平成の三四郎」と評される天才柔道家。

柔道世界選手権八連覇・オリンピック金メダリストという経歴を誇る。

四號には苦戦したが、終始その高い実力を見せつけた。

四號を頭から落とさないように配慮したりと、つくづく人格者である。



スポンサーリンク

6位 「三號」

山の中で動物を狩っている狩人。

カウンターの天才であり、ヴァレリをたった一撃で心肺停止に追い込んだ。

7位 「イリューヒン・ヴァレリ」

コマンドサンボの使い手であり、サンボ世界選手権三連覇という実力者である。

しかしながら、三號には心肺停止に追い込まれていた。

8位 「一號」

無痛症であり、痛みを全く感じないという体質の持ち主。

それにより、腕を折られても何事も無かったかのように反撃していた。

9位 「ファビオ・マルコス・サンシロオ」

ブラジリアン柔術の使い手である少年。

最凶のおじいちゃんっ子」の異名を持つ。

来日早々、路上の喧嘩で5人を病院送りにした。

しかしながら、一號には顔面踏み付けで敗れる。

10位 「上杉 静」

伝説の合気道の使い手。

一見物静かな感じに見えるが内面は違っており、自分の力を試したくて仕方ないという気性の持ち主。

二號の毒針により敗れた。

終わりに

以上、軍鶏キャラ強さランキングをお送りしました。

リーサルファイト編やグランドクロス編はまだ現実味がありますが、中国編はファンタジー感がありますね。

かなり浮いた存在となっています。

その為に、リョウを一度弱体化させたのでしょうかね?

まぁかなり強引な弱体化でしたけど。

強引と言えば最終回も強引だったなぁ。

尻すぼみ感が半端じゃ無かったですね。

もう少し良いラストは無かったのかと思いました。

作者としては、早く連載を終わらせたかったのかもしれませんね。

それではまた。

軍鶏に関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク