【成嶋亮】漫画「軍鶏」について熱く語ってみた【スガワラ】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

皆さんは「軍鶏」という漫画を知ってますか?



スポンサーリンク


一言で言うと、成嶋亮という主人公が生き延びる為に戦い続ける闇格闘漫画といった感じですかね。

この漫画の特徴と言えば何と言っても「人間の闇の部分が色濃く描かれている」ことじゃないでしょうか。

何せ、始まりが少年院からですからね。

その後も裏社会の模様が色濃く描かれてます。

そこが他の格闘漫画と一線を画すところですね。

青年誌でしか掲載出来ない内容となっています。

そんな軍鶏ですが、やはり最初の少年院編が1番面白いですね。

あれを読んだときは衝撃的でした。

それと共に神漫画だと思いましたね。

それ以降の展開としては、菅原と戦う辺りは割と真っ当な格闘漫画寄りになっちゃったかと思います。

闇の部分が少し減ったのが残念でした。

あとアレ、菅原戦において成嶋亮が昔は左利きだった事を急に思い出してサウスポー化する展開。

あれは唐突過ぎて萎えました。

いやいやそれはないだろうと。

まぁ菅原と戦う辺りは、普通の面白さと言った感じでしょうか。

菅原という相手が、あまり魅力的では無かったと思います。

ああいう正統派じゃなくて、闇社会の人間の方が面白いですね。

菅原を倒した後は中国へ。

ここから少しおかしくなって来ます。

発勁とか言う気功技っぽいのが出て来るし、斉天大聖は非現実的だし。

ちょっと微妙になって来ますね。

あと、あれだけ強さかった斉天大聖が、発勁を一発喰らっただけでやられるのもなぁ…。

かなり微妙な終わり方でした。

最後のテントでのコマは誰?って感じだし。

あれは成嶋なんだろうか。



スポンサーリンク


中国編の次はグランドクロス編。

しばらく成嶋は出て来ず、新たな軍鶏であるトーマが出て来ます。

このトーマは、あまり魅力的ではありませんね。

この漫画においては、やはり真っ当な人間には惹かれないです。

その後、長期休載等を経てようやく成嶋視点に話が戻ります。

そして、ここが軍鶏における最大の不満点です。

と言うのも、

「何でいきなり弱体化してんの?」

成嶋がいきなり弱くなってます。

鍛錬を怠っていたみたいですが、何故怠っていたのかが説明されてません。

生き延びる為に鍛錬をしてきた成嶋が、いきなり怠るでしょうか?

普通に考えてそうはならないと思います。

まぁこの展開は作者の都合でしょうね。

何せ中国編で発勁という非現実的な技を身に付けてしまいましたから。

これを使えば普通の格闘家なんて相手にならないですからね。

発勁を忘れさせる為に弱体化させたのでしょう。

まぁそんなこんなでグダグダなスタートを切ったグランドクロス編。

ただ、グランドクロス編では一つお気に入りの箇所がありまして。

それは、黒道着衆の存在。

一號・二號・三號・四號といずれもキャラが立っていて良かったですね。

グランドクロス編終了後は最終章となるどぶ組編へ。

これがまた萎える展開となりまして。

ラスボス?となる敵がまぁ魅力無いこと。

菅原や斉天大聖等の強敵達と戦って来たのに、何故最後がこんな相手なんですかね。

しかも最後に成嶋死ぬし。

いやまぁ死ぬオチ自体は悪くないんですけど、どぶ組とかいう相手と戦って死ぬのはがっかりでした。

軍鶏を全体的に見ると、やはり最初の少年院編が1番面白かったですね。

1番狂気じみていました。

大人になってから刑務所編を描いても面白かったかもしれませんね。

もういっそ刑務所漫画にするとか。

まぁもう連載終わっちゃったから今更何言ってもしょうがないですけど。

というわけで、軍鶏に関する感想はこんな感じでした。

それではまた。


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク