【暴力】「嘘喰い」キャラ強さランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

ギャンブル漫画でありながら、バトル要素も入っている嘘喰い。

立会人や密葬課等、これまでに様々な強者が登場しましたね。

そこで今回は、個人的に選んだ嘘喰いにおけるキャラの強さランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。


【嘘喰いキャラ強さランキングTOP10】

1位 「ロデム」

マルコの別人格。

その圧倒的な暴力は作中でも最強クラス。

後述するビリー・クレイグと共に、その戦闘力は群を抜いている。

痛みに弱いという弱点があるが、その弱点を補う程の圧倒的な暴力を有する。

(そもそも彼に痛みに与えられるのはビリー・クレイグぐらいである。)

2位 「ビリー・クレイグ」

Idealのメンバー。

通称「カラカル」。

伽羅・夜行丈一と三竦みの戦いを演じる程の戦闘力を有する。

しかし彼の本質はショートスリーパーであることで、睡眠状態になると凶暴性や身体能力が格段に上昇する。

この状態での彼はまさに怪物であり、ロデム以外はまるで歯が立たない程の圧倒的な暴力を有する。

ロデムと共に、作中最強のツートップとなっている。

3位 「切間 撻器」

先代のお屋形様であり、元零號立会人。

伽羅や夜行妃古壱と同等、もしくはそれ以上の戦闘力を有する。

作中では妃古壱に敗れたが、これは撻器が途中遊んでいたことや、妃古壱の主人公サイドの補正があることが大きい。

純粋な実力で言えば、撻器の方が勝っていただろう。

作中において、底らしい底を見せていないことも大きい。

4位 「夜行 妃古壱」

元弐號立会人であり、現零號立会人。

老紳士的な外見だが、こと戦闘に関しては「無敵の死神」の異名を持つ程の実力者。

最初に登場した立会人である。

撻器や百龍等、作中屈指の強キャラとぶつかることが多い。

獏に協力的な人物。



スポンサーリンク

5位 「伽羅」

元零號立会人。

古今東西の武術を習得しており、その風貌は凶暴そのもの。

カラカル・夜行丈一と三竦みを演じる実力を有する。

作中屈指の実力者であったが、後述するキョンホジョンリョとの戦い後に命を落とす。

しかし死してもなお、周りに多大な影響を与えた。

6位 「百龍」

黒社会を震撼させた伝説の暗殺者。

その実力は「伽羅・撻器並み」と言われており、妃古壱とも互角の戦いを繰り広げた。

指弾や火吹き等、通常の徒手格闘技以外にも様々な技を使う。

その強さは、伝説の暗殺者に相応しいものであった。

7位 「キョンホジョンリョ」

「護衛の終わり」を意味する名を持つボディーガード。

視力が異常に発達しており、その戦闘力は伽羅をも追い詰めるほど。

その戦いは壮絶なものであった。

得体のしれない雰囲気が不気味な人物。

8位 「真鍋 匠」

密葬課の課長。

密葬課を束ねる存在だけあって、その実力は相当なもの。

撻器をもってしても、どちらが強いかわからないと言わしめた程である。

9位 「三鷹 花」

密葬課の課員。

中国武術の達人であり、相当な実力者である。

妃古壱も苦戦するほどの暴力を持つ。

百龍の妻であり、伝説の殺し屋として恐れられていた。

10位 「夜行 丈一」

S級掃除人であり、その暴力は相当なものである。

伽羅・カラカルと三竦みの戦いを繰り広げた程の実力者。

容姿が妃古壱とよく似ている。

終わりに

いかがでしたか?

嘘喰い強さランキングをお送りしました。

今回のランキングを考えるにあたって、ロデム・カラカルのツートップは簡単に決まったのですが、

3位〜8位の順位付けは正直難しかったです。

このメンツは明確な差は無く、その時々によって勝敗が分かれると思うので、順位の変動はいくらでもあると言えるでしょう。

9位・10位は印象として選びました。

嘘喰いの戦闘シーンは迫力があって面白かったですね。

かなりの名作だと思いました。

それではまた。

嘘喰いに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク