【立会人】嘘喰いで好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

10年以上も連載し、物語が完結した嘘喰い。

登場キャラも相当な数となりましたね。

そこで今回は、個人的に選んだ嘘喰い好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

果たしてどんなランキングとなるのか?

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【嘘喰いで好きなキャラランキングTOP10】

1位 「斑目 貘」

この漫画の主人公。

天才ギャンブラーであり、その悪魔的な洞察力と頭脳により幾多の敵を葬ってきた。

かり梅が大好物であり、彼の思惑通りに事が進んでいる時はかり梅を食べるというのが通例となっている。

ピンチのように見えてもそれは全て彼の掌の上である事が多く、いつでも余裕なところが魅力的。

この漫画を語る上で、やはり彼の存在は外せない。

2位 「ロデム」

マルコの別人格であり、作中最強の暴力を持つ。

立会人や密葬課等、他の名だたる実力者であっても彼の戦闘能力には及ばない。

唯一、カラカルとは互角の勝負を繰り広げており、この時に痛みに弱いという弱点が発覚した。

しかしながら、それでも戦闘能力においては最強クラスとなっている。

3位 「箕輪 勢一」

密葬課員。

一見すると小汚い感じの中年だが、ミオスタチン遺伝子の異常により、強力な暴力を有する。

中肉中背の外見に反して、体重は100kg以上を誇る。

初登場時はタダの雑魚かと思ったが、その肉体の特性やマルコに対する暴力には驚愕した。

マルコにやられ迷宮のミノタウルスと化した彼は、とても警察側の人間とは思えなかった。

4位 「切間 撻器」

先代お屋形様でありながら零號立会人も務めたという贅沢な人物。

同時にではないにせよ、お屋形様の権力と零號立会人の暴力を合わせ持ったという意味では作中最強か。

妃古壱との零號勝負に敗れて死亡したが、途中余力を残しているような描写もあり、終始本気で戦ったら作中最強クラスの実力があると見える。



スポンサーリンク

5位 「夜行 妃古壱」

最初に登場した立会人であり、貘の専属立会人も務め、今では零號立会人となった。

貘たちの良き理解者とも言えよう。

「無敵の死神」と評されているだけあり、その戦闘力は作中トップクラス。

切間 撻器や百龍等の圧倒的強者と戦うことも多い。

主人公サイドの人間だけあって、多少補正がかかっているかもしれないが、その強さは本物である。

6位 「夜行 丈一」

S級掃除人であり、その容姿は夜行 妃古壱と瓜二つ。

温厚な夜行 妃古壱とは違い、高圧的で好戦的な性格の持ち主。

その戦闘力は高く、伽羅・カラカルと三つ巴戦を演じる程。

見た目がKOFのルガールにしか見えないが、格好良いからいいか。

7位 「ビリー・クレイグ」

Idealのメンバーであり、通称「カラカル」。

狡猾さと高い戦闘力を有しており、「嘘喰いと暴力が一体となったような男」と評されている。

通常状態でも伽羅・夜行丈一と三つ巴を演じる程強いが、ショートスリーパー故に眠りについた時の戦闘力は常軌を逸する。

その暴力は、作中最強であるロデムに並ぶ程。

唯一ロデムを怖気させた人物であり、ロデムと並び作中最強の2トップとの呼び声が高い。

口癖は「DIE YOBBO(死ね、弱者)」

8位 「百龍」

伝説の暗殺者であり、その戦闘力は「伽羅・撻器並み」と評される。

その攻撃方法は体術以外にも、指弾や火を吹いたり等、暗殺者らしく多種多様に及ぶ。

何をしてくるかわからない怖さが印象的だった。

9位 「真鍋 匠」

密葬課の課長。

その戦闘力は、「好きか嫌いかわからない(どちらの方が強いかわからない)」と撻器に言わせた程。

事実、撻器とほぼ互角の勝負を繰り広げた実力者。

それもさることながら、1番インパクトがあったのは彼の食事シーン。

孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵である「バロット」を食べる姿は、衝撃的であった。

10位 「伽羅」

元零號立会人であり、貘とも親交が深い人物。

作中トップクラスの実力者であったが、キョンホ・ジョンリョとの戦いに勝利後、命を落とす。

彼が貘のために残した功績は大きい。

終わりに

いかがでしたか?

嘘喰い好きなキャラランキングをお送りしました。

ランキングを見てみると、貘以外は全て戦闘キャラとなりました。

嘘喰いは基本的には頭脳戦ですが、バトル要素も兼ね備えているのが魅力ですよね。

また、連載が続くに連れて画力もどんどん上がっていますよね。

初期と今の貘では別人です。

話の緻密さと高い画力が、この漫画の面白さの要因だと思います。

それではまた。

嘘喰いに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク