UVERworld「ALL TIME BEST」を聴いた感想についてまとめてみました【果たして今作の評価は?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、UVERworldのベストアルバムである「ALL TIME BEST」を聴いた感想についてお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【UVERworld「ALL TIME BEST」を聴いた感想】

「大満足のボリューム」

今作は9年振りのベストアルバムということもあり、3枚組・全48曲という過去最大のボリュームとなっています。

これは単純に嬉しいですね。

全て通して聴くと4時間ぐらいかかるので、かなりの時間に渡ってUVER漬けになれます。

しっかり漬かりましょう。

「DISC2の収録曲が嬉しい」

DISC2には、これまでアルバム未収録だった曲が多数収録されているのが嬉しいですね。

特に「魑魅魍魎マーチ」「撃破」「LIFE」あたりの収録が良かったです。

「再録されたDISC3」

「ALL TIME BEST」の最大のウリと言えば、やはりDISC3ではないでしょうか。

というのもDISC3の収録曲は、全て再録されたものとなっています。

これはかなり嬉しいですよね。

僕は1番楽しみにしていた部分でした。

で、実際に聴いてみた感想としては…

「曲によって、良くも悪くもある」

といった感じですね。

「美影意志」や「君の好きなうた」のアレンジは最高だったと思います。

再録して更に良くなったのではないでしょうか。

その反面、個人的に物足りなかったのが「マダラ蝶」と「THE OVER」ですかね。

R&Bの様なアレンジになっており、バンドサウンドが後退しているのが残念でした。

大人しい感じになったというか。

まぁこれは好みが分かれるところですけど。

個人的には原曲の方が好きですね。

【全体的な評価】

以上の点を踏まえて、「ALL TIME BEST」に点数を付けるとすると…

「90点」

といったところでしょうか。

やはりUVERがこれまで歩んだ道を再確認出来るのは嬉しいですね。

DISC3の再録も良かったです。

9年ぶりのベストアルバムということでファンはもちろんのこと、そうじゃない人も是非聴いてみて欲しい1枚ですね。

この機会を逃すと、また10年近くベストアルバムは出ないかもしれませんし。

しかしあれか。

10年経つと、メンバーは50歳近くなるのか…。

アラフィフのUVERなんて想像出来ないですね。

どんな感じになっているのやら。

まぁ、きっと格好良いままなんでしょうけど。

これまで通り突っ走って欲しいですね。

それではまた。

UVERworldに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク