「UVERworld 隠れた名曲ランキングTOP10」を作成してみた

Pocket

どうも、ゼロクワです。

UVERworldで有名な曲と言えば、一般的には「SHAMROCK」や「儚くも永久のカナシ」辺りでしょうか。

しかし、これ以外にも名曲がたくさんありますよね。

そこで今回は、UVERworldで隠れた名曲ランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【UVERworld 隠れた名曲ランキングTOP10】

1位 「マダラ蝶」

シングル「GO-ON」のカップリング曲。

女性目線で描かれた別れの歌である。

この女性というのは、TAKUYA∞の姉がモチーフとなっているらしい。

UVERには珍しい感じのメロディラインがとても新鮮だと思う。

カップリングで終わらせるには勿体ない珠玉の名曲。

2位 「LIFE」

シングル「ナノ・セカンド」のカップリング曲。

少し寂しげな印象を受けるメロディだが、歌詞は前向きなものとなっている。

そのギャップが面白い一曲。

3位 「NOWHERE boy」

アルバム「THE ONE」のラストを飾るナンバー。

初聴きではそうでもなかったが、聴けば聴くほどハマっていった曲。

「THE ONE」という名アルバムを占めるのに相応しいと思う。

4位 「AWAYOKUBA-斬る」

シングル「7th Trigger」のカップリング曲。

曲名を初めて見たときはパロディソングなのかと思ったが全くそんなことはなく、むしろ逆に愛について歌ったとても深い内容であった。

5位 「魑魅魍魎マーチ」

シングル「MONDO PIECE」のカップリング曲。

お化けのことを歌ったパロディソングであり、聴いていてとても面白い一曲。

この曲はライブでも非常に盛り上がる。

6位 「D-tecnoRize」

ベストアルバム「Neo  SOUND BEST」の中の一曲。

デビューシングルである「D-tecnoLife」をアレンジしたものかと最初は思ったがそうではなく、この「D-tecnoRize」が「D-tecnoLife」の原曲である。

個人的には、このRizeの方が好き。

7位 「モノクローム〜気付けなかったdevotion〜」

シングル「endscape」のカップリング曲。

TAKUYA∞が亡き祖父を思って書いた曲であり、それを知った上で聴くと感慨深いものがある。

8位 「DEJAVU」

シングル「ナノ・セカンド」のカップリング曲。

何処か寂しさや悲しさを感じる日常を表現した曲となっており、共感出来る歌詞が多い。

9位 「Revolve」

シングル「just Melody」のカップリング曲。

ファンの間でも人気が高い一曲である。

カップリングとしてのクオリティを遥かに超えていると思う。

10位 「SORA」

シングル「Colors of the Heart」のカップリング曲。

音が凄く綺麗で、透明感がある曲。

高音のサビが聴いていてとても心地よい。

終わりに

いかがでしたか?

UVERworldの隠れた名曲についてお送りしました。

いずれも良い曲で、シングル曲として世に出せば良かったのにと思う様な曲ばかりです。

UVERはカップリングにおいても名曲揃いですね。

それではまた。

UVERworldに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク


[give_form id=”5184″]

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク