UVERworldがこれまでにリリースしたシングル曲についてそれぞれ点数を付けてみた①【1stシングル〜10thシングル】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

UVERworldと言えば、これまでに沢山のシングルがリリースされましたね。

そこで今回は、UVERworldがこれまでにリリースしたシングル曲についてそれぞれ点数を付けてみた①をお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【UVERworldがこれまでにリリースしたシングル曲についてそれぞれ点数を付けてみた①】

「D-tecnoLife」

「60点」

UVERのメジャーデビューシングル。

デビュー曲にも関わらず、オリコンシングルランキングで3週連続TOP10入りを果たした。

ちなみにこの曲の原曲として、「D-tecnoRize」という曲がある。

「CHANCE!」

「80点」

ノリの良いメロディラインが、聴いていて心地良い。

間のラップも格好良い。

「just Melody」

「85点」

全体的にとても綺麗なメロディが特徴的な曲。

イントロが特に良いと思う。

「Colors of the Heart」

「70点」

サビから入るのが特徴的な曲。

この曲から、CDジャケットにUVERちゃんが使われなくなった。

「SHAMROCK」

「60点」

ドラマ主題歌だった事もあり、一般の認知度も高い曲。

夏らしい爽やかなPVが印象的。

「君の好きなうた」

「55点」

シングルでは初の本格バラード。



スポンサーリンク

「endscape」

「45点」

サビが弱く、シングルとしては物足りない印象。

「シャカビーチ〜Laka Laka La〜」

「50点」

夏全開といった感じの曲。

エキストラ80人を集めて撮られたPVがとても楽しそうである。

「浮世CROSSING」

「60点」

ドラマ主題歌だった曲。

ありのままの自分に自信を持てるような内容の歌詞に勇気付けられる。

「激動」

「60点」

攻めた感じのラップが多い曲である。

「Just break the limit!」

「65点」

夢を追いかけるには、幾つになっても諦めなくて良いという気にさせてくれる曲だと思う。

終わりに

以上、UVERworldがこれまでにリリースしたシングル曲についてそれぞれ点数を付けてみたをお送りしました。

デビューシングルから10枚目のシングルまでだけあって、懐かしい曲ばかりですね。

今のUVERとは少し違った雰囲気の曲が多いです。

初期のUVERを堪能出来る曲達と言えるでしょう。

ここからUVERworldの躍進が始まる事となる…。

それではまた。

UVERworldに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク