UVERworldがこれまでにリリースしたシングル曲についてそれぞれ点数を付けてみた③【21thシングル〜30thシングル】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

UVERworldと言えば、これまでに沢山のシングルをリリースして来ましたね。

そこで今回は、UVERworldがこれまでにリリースしたシングル曲についてそれぞれ点数を付けてみた③をお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【UVERworldがこれまでにリリースしたシングル曲についてそれぞれ点数を付けてみた③】

「7th Trigger」

「55点」

出だしの口笛が印象に残る曲。

ラストサビにおいて、hiEという高キーを記録する箇所がある。

「THE OVER」

「80点」

「ALL TIME BEST」のファン投票にて1位を獲得しており、非常に人気のある曲。

魂のこもったラブソングといった感じか。

「REVERSI」

「85点」

アルバム「THE ONE」からのリカットシングル。

「この胸の迷いに、白黒をつける。」というキャッチコピーに関連し、歌詞中にオセロといったフレーズが入っている。

「Fight For Liberty」

「55点」

「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌だった曲。

ヤマトとUVERのファン両方を満足させる為に苦労した曲らしい。

「Wizard CLUB」

「60点」

歌詞には、UVERworldをまだ知らない人達の気持ちを奪っていくという想いが込められている。

「ナノ・セカンド」

「50点」

TAKUYA∞が、プロボクサーである友人に感化されて作られたという曲。

その為、夢を追いかけている人に向けた内容となっている。



スポンサーリンク

「7日目の決意」

「50点」

TAKUYA∞が夢で見た内容を元に作られた曲。

「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」

「80点」

長くてメッセージ性の強いタイトルが特徴的な曲。

Crew200人がエキストラとして参加したという、楽しげなPVも印象に残る。

「I LOVE THE WORLD」

「50点」

ライブで踊れる曲」をコンセプトにした曲。

その為、クラブミュージックが前面に出ている。

「WE ARE GO」

「40点」

サビが何処だかわかりにくい曲。

シングルとしては物足りない。

「ALL ALONE」

「80点」

TAKUYA∞が10代の頃に思い描いていた事を元に作られた曲。

「一滴の影響」

「60点」

過去のライブにおいて、雷雨の為に公演が中止になった時の悔しさを表現するしたとされる曲。

終わりに

以上、UVERworldのシングル曲についてそれぞれ点数を付けてみた③をお送りしました。

この辺りになるとすっかり今のUVERという感じがしますね。

メッセージ性の強い楽曲が多くなりました。

6人体制にもなり、ますますパワーアップしたと言えるのではないでしょうか。

それではまた。

UVERworldに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク