UVERworldで好きなバラードランキングTOP10!【果たして1位はどの曲か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

UVERworldと言えば、これまでに沢山のバラード曲がリリースされましたね。

そこで今回は、個人的に選んだUVERworldで好きなバラードランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【UVERworldで好きなバラードランキングTOP10】

1位 「マダラ蝶」

女性目線で描かれた別れの歌であり、TAKUYA∞の姉がモチーフとなっている。

カップリング曲でありながらとても人気の曲であり、ALL TIME BEST収録曲を決めるファン投票においては第4位に入った。

曲調としてはバラードらしいバラードではないと思うが、「Disc3 BALLADE BEST」において再録収録されている。

それまではアルバム未収録だったので、ALL TIME BESTが初のアルバム収録となった。

2位 「THE OVER」

ALL TIME BEST収録曲を決めるファン投票にて第1位を獲得した曲。

名曲中の名曲である。

この曲もいわゆるバラードではないと思うが、「Disc3 BALLADE BEST」にて再録収録されている。

3位 「此処から」

アルバム「THE ONE」の中の一曲。

R&Bの様な曲調のラブソングであり、聴いていて非常に心地良い。

初聴きはそうでもなかったが、聴けば聴くほど好きになっていった曲。

4位 「ほんの少し」

アルバム「TYCOON」の中の一曲。

静かな立ち上がりから、サビで一気に盛り上がるところが堪らない。

TAKUYA∞が、自身の遺書を書いていた時に出来上がった曲らしい。

5位 「a LOVELY TONE」

シングル「Fight For Liberty」のカップリング曲。

歌詞に円周率というフレーズが入っているが、その部分を歌う瞬間が3分14秒になっていたりと、色々工夫されている。

カップリングで終わらせるにはもったいない名曲。



スポンサーリンク

6位 「51%」

アルバム「BUGRIGHT」の中の一曲。

シングル「君の好きなうた」のアフターソングとなっている。

読み方は「フィフティワンパーセント」。

7位 「優しさの雫」

アルバム「Timeless」の中の一曲。

インディーズ時代にCDが発売されており、UVER初のバラード曲となっている。

8位 「君の好きなうた」

6枚目のシングルであり、シングルとしては初の本格的バラードであった。

個人的には、この曲を聴くと何だか切なくなる。

9位 「SHOUT LOVE」

アルバム「TYCOON」の中の一曲。

サビがほぼファルセットで構成されているという、UVERにとっては珍しいタイプの曲。

TAKUYA∞とドライブデートをしているというPVも印象的であった。

10位 「クオリア」

ガンダムの映画主題歌だった曲であり、UVERにとって初めての映画主題歌となった曲である。

運命の人に出会えた心情が、とても綺麗な曲調に乗せて表現されているバラード。

終わりに

以上、UVERworldで好きなバラードランキングをお送りしました。

バラードにおいても、UVERは名曲揃いですね。

今後はどんなバラードを聴かせてくれるか楽しみです。

それではまた。

UVERworldに関するこれまでの記事一覧はこちら


スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク