「水曜日のダウンタウン」で好きな説ランキングTOP5!【果たして1位はどの説か?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

水曜日のダウンタウンと言えば、これまでに沢山の説が登場しましたね。

今回は、個人的に選んだ「水曜日のダウンタウン」で好きな説ランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【「水曜日のダウンタウン」で好きな説ランキングTOP5】

1位 「人がいるシリーズ」

開けたら人がいるというのが結局1番怖い説」に基づいたシリーズであり、これまでに

「試着室」

「車のトランク」

「後部座席」

「自宅」

など、様々なシチュエーションにおいて検証された。

この説で特に面白いのがアントニーであり、自宅においては以後の自宅ロケがNGになる程騒ぎ、後部座席に居た時は驚き過ぎてピンボールの様に弾んでいたのが印象的である。

また、尼神インター誠子の自宅のベッドに人が潜んで居た時は誠子が驚き過ぎて腰が抜けてしまい、笑いというよりはホラーを観ているかの様になっていた。

2位 「クロちゃんシリーズ」

安田大サーカスのクロちゃんにスポットを当てた企画。

ほぼ99%どっきり系である。

隠しカメラで、彼の腐った人間性や理解し難い行動を観察するのが見所。

オンエアされた回だけでも充分に引いてしまう内容だが、これを更に上回りオンエアすら出来ない内容もあるらしい。

そこまで行くと、最早笑えない領域である。

3位 「歩くシリーズ」

相撲芸人あかつが、国道を歩きながら何かをするシリーズ。

「落ちてある衣服だけで上下一通り揃える」

「影だけを踏んで進む」

「雪がある所のみを踏んで進む」

など、これまでにいくつかの種類が放送されている。

企画そのものもまぁまぁ面白いが、休憩中にタバコをふかすあかつの姿が1番の見所である。



スポンサーリンク

4位 「ジョジョの鉄塔シリーズ」

数珠繋ぎ企画で1番過酷なの「ジョジョの鉄塔システム」説に基づいたシリーズ。

閉じ込められた牢屋から出る為に他人を身代わりにするというシステムであり、はめられた大トニーが激怒していた。

人の善意を仇で返すというのが観ていて面白い企画である。

第2弾も楽しみにしていたが、予告していた放送日に放送はされなかった。

その理由としては「警察沙汰になった」ため。

街中でナダルがスタッフに拉致される様子を見て一般人が本当の事件だと思い、警察への通報が相次いだのである。

それ程、拉致の様子がリアルだったのだろう。

その結果お蔵入りとなってしまったが、番組の企画がヤラセではないというのが証明出来たと言えるかもしれない。

5位 「相撲 合計体重が一緒なら人数多い方が有利説」

体重170kgの把瑠都と相撲で対戦する企画。

対戦相手は、合計体重が170kgになる様に組まれた複数の人数で相撲をとる。

プロレスラーやボクサーなど、異種格闘技戦とも呼べるような取り組みが面白かった。

プロのアスリート達が挑戦しても把瑠都には全く敵わなかったが、ついに把瑠都を破る挑戦者が現れることとなる。

それが何と中学生3人組であったのが驚きであった。

この企画だけ、他の説とは違った面白さがある。

終わりに

以上、水曜日のダウンタウンで好きな説ランキングをお送りしました。

この番組は、他の番組よりも攻めた姿勢が評価出来ますね。

まぁ、攻め過ぎたせいで色々と問題になることも多いですけど。

そこがこの番組の良いところですね。

果たして今後はどんな説が出てくるでしょうか?

要注目ですね。

それではまた。

テレビに関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク