「幽☆遊☆白書」で好きなキャラランキングTOP10!【果たして1位はどのキャラか?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、個人的に選んだ幽☆遊☆白書で好きなキャラランキングをお送りしたいと思います。

それでは早速ご覧ください。



スポンサーリンク

【幽☆遊☆白書で好きなキャラランキングTOP10】

1位 「仙水 忍」

少年誌において、これ程不気味で闇を抱え、底の見えないキャラはいないと思う。

特に「7重人格」という設定が、子供ながらに不気味さを感じた。

俺たち7人で穴を掘る」というのが神谷等の仲間達ではなく、実際には仙水の中の「7人格」のことを表しているというのも、サイコな雰囲気を醸し出している。

戦闘力においても、玄海すら持ち得なかった「聖光気」を持ち、その強さは桑原・蔵馬・飛影の3人がかりでも全く歯が立たない程。

その底知れない強さがまた不気味だった。

幽☆遊☆白書において、おそらく最強の人間だろう。

2位 「戸愚呂弟」

幽☆遊☆白書の敵キャラと言えば、この戸愚呂弟が1番有名だろう。

ドラゴンボールで言うとフリーザ的なポジションか。

筋肉操作を行い、%によって見た目や強さが変わっていくのはとても分かりやすくて面白い設定だと思う。

ついに100%の姿になった時は、とても衝撃的だった。

また、強さだけでなく彼の過去や生き様も非常に興味深いものがあった。

もし彼が修行し、魔界統一トーナメントで再登場したらどれくらい強くなったんだろう…。

3位 「躯」

魔界三大妖怪の1人。

包帯や呪符で覆われているが、その正体は端整な顔立ちの女性

躯という名前やその生い立ち等、中二病には堪らない設定ではないだろうか。

しかし「玩具奴隷」という設定を、よく少年誌で出来たなと思う。

彼女が本気(鬱状態)を出したら、全盛期雷禅の次くらいには強いだろう。

4位 「左京」

戸愚呂チームのオーナーであり、決勝戦における大将。

ギャンブルにおいて国家予算並みの金額を賭ける様は、まさに常軌を逸したギャンブラーと言えよう。

魔界に穴を開けたい」という思想やその容姿は、仙水と似ているなと個人的には思う。

彼の素性については謎が多く、もう少し詳しく知りたかった。

5位 「雷禅」

魔界三大妖怪の1人であり、幽助の遺伝子上の父親と呼べる存在。

作中に登場した時は、700年以上も人間を食していなかった為に力が衰えていた。

雷禅の旧友曰く、全盛期の彼は軀や黄泉など相手にならない程強かったらしい。

その全盛期の力を一度見てみたかったと思う。



スポンサーリンク


6位 「鴉」

戸愚呂チームのメンバー。

自らの妖気を素に、爆弾を作る能力を持つ支配者(クエスト)級の爆弾使いである。

過去に戸愚呂弟と戦った時には、彼に80%の力を出させていた。

暗黒武術会決勝戦においては蔵馬と戦い、死亡したものの試合には勝利している。

この戦いは、幽白の中でも特に人気がある戦いであった。

7位 「飛影」

メインキャラクターの1人。

いかにも厨二が好きそうなキャラであり、キャラクター人気投票ではいつも彼が1位であった。

ただ、全身が緑色になり邪眼だらけになる形態は格好悪いと思う。

8位 「玄海」

霊光波動拳の使い手であり、幽助の師匠。

霊力を高めると細胞が活性化し、全盛期の姿に若返る事が出来る。

若返った時の姿は、死々若丸などの妖怪達も見惚れる程の美少女であった。

こう見えてテレビゲームがかなり上手い。

9位 「蔵馬」

メインキャラクターの1人。

その正体は、伝説の盗賊と言われる妖狐である。

その甘いマスクから、飛影と人気を二分する程であった。

その見た目とは裏腹に、敵に対しては残虐性が高い。

(例:戸愚呂兄など)

10位 「浦飯 幽助」

この漫画の主人公。

元々は人間であったが、途中から魔族となる。

1話目でいきなり死んで幽霊となったり魔族になったりと、色々と忙しいキャラであった。

終わりに

いかがでしたか?

幽☆遊☆白書で好きなキャラランキングをお送りしました。

幽白は魅力的なキャラが多いですね。

特に敵キャラが良いと思います。

少年誌らしく無いキャラ達が勢揃いといった感じですね。

敵キャラを書かせたら、この作者の右に出るものはいないのでは無いでしょうか。

それではまた。

幽遊白書に関するこれまでの記事一覧はこちら



スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク