「幽☆遊☆白書」キャラ強さランキングTOP10!【最強は果たして誰だ?】

Pocket

どうも、ゼロクワです。

今回は、独断と偏見で選んだ幽☆遊☆白書キャラ強さランキングをお送りしたいと思います。

なお、雷禅の旧友達は強さがはっきりしないので今回は除外しています。

それでは早速ご覧下さい。



スポンサーリンク

【幽☆遊☆白書キャラ強さランキングTOP10】

1位 「雷禅」

魔界三大妖怪の一人であり、幽助の父親。

闘神」の異名を持つ最強クラスの妖怪である。

幽助が魔界に行った時点では、700年以上も断食していて餓死寸前なのにも関わらず、同じく魔界三大妖怪である黄泉・軀と同レベルの強さであった。

旧友である煙鬼によると、「全盛期の雷禅なら黄泉や軀など見ただけで小便ちびるレベル」らしい。

その全盛期は描かれていないが、幽白の世界で間違い無く彼が最強だろう。

2位 「軀」

魔界三大妖怪の一人。

全身を呪符で覆っていて不気味な雰囲気がするが、実際は美しい女性の姿をしている。

ただ、玩具奴隷だった過去に酸を被っており、半身がただれているのが痛々しいが。

魔界統一トーナメントにおいては雷禅の旧友である煙鬼に敗れているが、彼女の部下曰く「あんな和やかな大会では、本来の実力の半分程度しか発揮出来ない」という。

その証言通り、年に一度あるという鬱状態においては物凄い力を発揮し、飛影からは「大会でこの力を出していれば楽に優勝出来ただろうに」と言われていた。

3位 「黄泉」

魔界三大妖怪の一人。

三大妖怪の中では1番の若輩者であり、視力が無いのにも関わらず魔界最強クラスにまで上り詰めた。

魔界統一トーナメントでは、幽助と60時間にも及ぶ死闘を繰り広げている。

4位 「浦飯幽助」

この漫画の主人公。

元々は人間であったが、仙水戦において魔族に目覚めている

そういった経緯からか、黄泉との戦いでは霊気と妖気の両方を操っていた。

更には、霊気でも妖気でも聖光気でもない黄金のオーラを放っている。

黄泉には惜しくも敗れたが、その成長性や意外性はトップクラスと言えよう。

5位 「飛影」

幽白におけるメインキャラの一人。

魔界編では軀の側近となっている。

魔界統一トーナメントでは、軀と対戦していた。(アニメ版)

読者人気No. 1のキャラである。



スポンサーリンク

6位 「蔵馬」

こちらも、幽白におけるメインキャラの一人。

その正体は妖狐であり、過去に黄泉と共に行動していた。

黄泉が失明する要因を作った張本人でもある。

魔界統一トーナメントでは時雨に勝利した。

飛影に並ぶ程の人気を誇るキャラである。

7位 「修羅」

黄泉の息子。

生まれたばかりですでに妖力値8万を超えていたという化け物。

魔界統一トーナメントでは、開会時において幽助と同じくらいの強さであった。

本戦では黄泉と対戦したが、何も出来ずに敗北している。

妖力値は高いが、戦闘に対する経験が不足しているのが弱点と言えよう。

8位 「凍矢」

玄海の下で修行をした6人の内の一人。

アニメ版では、妖力値が12万3000となっている。

9位 「酎」

玄海の下で修行をした6人の内の一人。

アニメ版での妖力値は12万1600。

棗に気に入られる為に、魔界統一トーナメント後は更に強くなっているらしい。

10位 「陣」

玄海の下で修行をした6人の内の一人。

妖力値は12万800。

アニメ版では新技「修羅電撃旋風拳」を駆使して予選を突破したが、1回戦で雷禅の旧友と対戦し敗れている。

終わりに

以上、幽☆遊☆白書キャラ強さランキングをお送りしました。

1位はやはり雷禅ですね。

全盛期の彼は圧倒的な強さだった事が示唆されています。

作中において、少しでもその描写があれば良かったですね。

それではまた。

幽遊白書に関するこれまでの記事一覧はこちら




スポンサーリンク

Pocket

関連コンテンツ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク